遺言手続、相続、内容証明などのお手伝いをしております。

青森県八戸市の「たいよう総合事務所」の中で行政書士・簡裁代理認定司法書士をしております。

弁護士や税理士など他士業との共同事務所です。司法書士や行政書士の業務範囲でない場合は共同している他の士業者にバトンタッチできますので、ワンストップでのサービスが可能です。


(業務内容)
行政書士としては、遺言書作成や内容証明郵便作成のお手伝いなどを行っております。

司法書士としては、相続登記(死亡による土地の名義書換と言われたりします)や民事訴訟、少額訴訟、支払督促、民事調停、成年後見など裁判所関係の手続のお手伝いをしております(各裁判所提出書類作成業務や簡易裁判所の代理業務)。

業務案内のサイトはココをクリック

相談予約電話  0178-45-3389 (「こんの」宛にお電話ください)
相談予約メールはここをクリック


営業(セールス)の電話は業務に支障をきたしますのでご遠慮ください。



【ご挨拶】


上の方や下の方に広告が出ておりますが、事務所とは関係ございませんのでご了承ください。有料で立派なサイトやブログを作れば、広告は消えるし、格好もいいのでしょうけど、当然、その分経費がかかります。それは皆様のためにも避けたいと思っております。

私が持っているサイトは一ヶ所以外(司法書士になるずっと前からの有料会員で、そのまま作ったので有料会員のままのサイトが一カ所あります)すべて無料のサイト・ブログを利用しております。SEO対策とかもしておりませんので、検索順位もあまり上がりませんが、何かの拍子に見つけていただけたら光栄でございます。

見にくいかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます。


【ここのブログでは・・・】
ここでは行政書士の業務分野に関連しそうなことを書いていければと思っております。なかなか書けませんけど・・・。

=======

【ご注意】

当ホームページは、一般的な考え方や今野個人の経験談を中心に記載しております。

法律問題は各々事情が異なり、実際には詳細に事情をお聞きして手続を選択しなければなりません。実際に手続をするときには必ず専門家と面談のうえ、手続を選択してください。

当ホームページの記述を読み、独自の判断で手続を行った場合に損害が発生しても、当事務所(たいよう総合事務所、弁護士法人たいよう総合法律経済事務所も含む)は一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

======

<以下は広告が出ていることがあります。当事務所とは一切関係はございません。>

2018年4月 9日 (月)

遺言の日(いっぱいあるみたい)

4月15日が遺言の日らしいんです。

弁護士会が「よいいごん」の語呂合わせから記念日にしたんですよ。

11月15日も「いいいごん」で遺言の日になっているし(これは「りそな銀行」が提唱したらしいです)。

1月15日も「いいいごん」で遺言の日なのです。これは日本財団が提唱した遺言の日です。

日本人はあまり遺言をしないので(遺言があれば揉めないのにってことはよくあるので)、広報できる日は数日あった方が良いのかもしれませんね。


=====



肌寒い日が続きます。

肌寒い日が続いております。

早く暖かくならないかなぁ~。


==========


2018年4月 4日 (水)

花粉から雪に・・・

数日前たくさん花粉飛んでる!と思っていたら、今日は雪降っております。

もちろん、気温が高いので水分が多く、積もるような感じの雪ではありませんが、

クルマとかには積もっております。


====

2018年4月 2日 (月)

花粉は飛んでいる模様。

ここ数日あまり暖かくはないのですが、花粉は順調に飛んでいるようです。

ときどき目が痒くなったりします。

困ったものです。




=======

2018年3月22日 (木)

寒いですねぇ。

昨日の春分の日は関東地方が雪だったようですが、一日遅れで雪が降ったりやんだり雨になったりしております。

寒い、寒い・・・。


=====


2018年2月19日 (月)

行政書士記念日

2月22日は行政書士の日なんですよ。

猫の日の方が有名ですけどね

2018年1月23日 (火)

何年も払ってない貸金の請求

ずーっと前に借りて、事情があって払えなくなってしまった。その後、何年も経ってから、請求が来ることがあります。

慌てて支払ったり、相手に連絡するようなことはしないでください。

最終取引日から5年以上経過していたり(この間、裁判等されていないし連絡も来てなかった)、仮に以前に裁判手続きをされていても判決確定等から10年以上経過して、その後支払っていない、差押えとかもされていないというのであれば、消滅時効が使えるかもしれません。

刑事事件の時効と違って、お金の貸し借りの時効は債務者本人が「消滅時効を使うよ(消滅時効の援用といいます)」と相手に伝えないといけません。

もちろん、電話でも成立しますが、「言った」「言わない」というようなことになりますので、内容証明郵便で出すのが一般的です。

また、貸金業者が弁護士の先生に債権回収を依頼していることがありますが(この場合、弁護士の先生から請求書が来ます)、弁護士の先生に債権回収を依頼していても、消滅時効の効力が消えるわけではありませんので、消滅時効を援用することができます。

また、時効状態でも裁判は起こせますので、訴訟を起こしてくる会社もありますが、答弁書などできちっと消滅時効を援用すれば問題ございません。

慌てて相手に連絡しないで、専門家にご相談ください。


======


2018年1月17日 (水)

内容証明のご相談が重なって・・・。

消滅時効に関係するご相談が立て続けにきて、内容証明を作成する機会が増えております。

不思議と同じような相談が続くものです。



====


«本日から通常営業です。

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30