« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月29日 (月)

今日から始まった法定相続情報証明制度

今日から「法定相続情報証明制度」という制度がスタートしてました。

これは「亡くなった人の法定相続人が誰か?を法務局が戸籍謄本等を確認して証明する」という制度です。

必要な戸籍謄本等は情報証明が欲しい人(申出人)が準備しなければなりませんが、1セット取って法務局で確認してもらえば、提出窓口ごとに戸籍謄本等を取る必要がなくなるので、各種の相続手続きが軽減される・・・ということを目的にした制度です。

法務局の手数料は無料です。

ただし、証明情報は法定相続人を証明するだけなので、相続人間で協議した遺産分割協議や相続人の中に家庭裁判所で相続放棄の手続きをしたといったことは記載されないので、実際に使用する場面では、「法定相続証明情報」+「相続人全員で協議した遺産分割協議書」あるいは「家庭裁判所発行の相続放棄を証する書面」という形になると思われます。

なお、この申出手続きの代理人には、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士の8士業が代理人になることができます。

各士業に手続きを依頼する場合には、依頼した事務所に費用がかかります(これは事務所によって値段が違います)。



=====

2017年5月24日 (水)

【司法書士関連】八戸支部長就任のお知らせ

このたび、青森県司法書士会八戸支部長を拝命いたしました。

選挙とかではなくて、「順番だから!」ってことなのですが。

別に就任したからといっても、相談者、依頼者の方には何の変化もないのですが、「以前より事務所に居ない時間ができるかもしれない」ということくらいでしょうか。



=====


2017年5月22日 (月)

【求人】司法書士または司法書士有資格者募集

たいよう総合事務所の司法書士部門では、司法書士または司法書士有資格者を募集しております。

各士業が集まった総合事務所となっております。

たいよう総合事務所のサイトはここをクリック




=======



2017年5月18日 (木)

明日、5月19日は事務所不在になります。

明日、5月19日は青森県司法書士会の定例総会が開催されるので、事務所不在になりますす。

もちろん、22日からは通常です。


=======

2017年5月 1日 (月)

遺言書、相続、内容証明などのお手伝いをしております。

青森県八戸市の「たいよう総合事務所」の中で行政書士・簡裁代理認定司法書士をしております。

弁護士や税理士など他士業との共同事務所です。司法書士や行政書士の業務範囲でない場合は共同している他の士業者にバトンタッチできますので、ワンストップでのサービスが可能です。


(業務内容)
行政書士としては、遺言書作成や内容証明郵便作成のお手伝いなどを行っております。

司法書士としては、相続登記(死亡による土地の名義書換と言われたりします)や民事訴訟、少額訴訟、支払督促、民事調停、成年後見など裁判所関係の手続のお手伝いをしております(各裁判所提出書類作成業務や簡易裁判所の代理業務)。

業務案内のサイトはココをクリック

初回は無料相談です。

相談予約電話  0178-45-3389 (「こんの」宛にお電話ください)
相談予約メールはここをクリック


営業(セールス)の電話は業務に支障をきたしますのでご遠慮ください。


(ご挨拶)

上の方や下の方に広告が出ておりますが、事務所とは関係ございませんのでご了承ください。有料で立派なサイトやブログを作れば、広告とは消えるし格好もいいのでしょうけど、当然、その分経費がかかります。それは皆様のためにも避けたいと思っております。

私が持っているサイトは一ヶ所以外(司法書士になるずっと前からの有料会員で、そのまま作ったので有料会員のままのサイトが一カ所あります)すべて無料のサイト・ブログを利用しております。SEO対策とかもしておりませんので、検索順位もあまり上がりませんが、何かの拍子に見つけていただけたら光栄でございます。

見にくいかもしれませんが、よろしくお願い申し上げます。

(ここのブログでは・・・)
ここでは行政書士の業務分野に関連しそうなことを書いていければと思っております。なかなか書けませんけど・・・。
=======
【ご注意】

当ホームページは、一般的な考え方や今野個人の経験談を中心に記載しております。

法律問題は各々事情が異なり、実際には詳細に事情をお聞きして手続を選択しなければなりません。実際に手続をするときには必ず専門家と面談のうえ、手続を選択してください。

当ホームページの記述を読み、独自の判断で手続を行った場合に損害が発生しても、当事務所(たいよう総合事務所、弁護士法人たいよう総合法律経済事務所も含む)は一切責任を負いませんので、予めご了承ください。

======

<以下は広告が出ていることがあります。当事務所とは一切関係はございません。>

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »