« 【司法書士関連】八戸支部長就任のお知らせ | トップページ | 藤井四段(中学生)、新記録29連勝 »

2017年5月29日 (月)

今日から始まった法定相続情報証明制度

今日から「法定相続情報証明制度」という制度がスタートしてました。

これは「亡くなった人の法定相続人が誰か?を法務局が戸籍謄本等を確認して証明する」という制度です。

必要な戸籍謄本等は情報証明が欲しい人(申出人)が準備しなければなりませんが、1セット取って法務局で確認してもらえば、提出窓口ごとに戸籍謄本等を取る必要がなくなるので、各種の相続手続きが軽減される・・・ということを目的にした制度です。

法務局の手数料は無料です。

ただし、証明情報は法定相続人を証明するだけなので、相続人間で協議した遺産分割協議や相続人の中に家庭裁判所で相続放棄の手続きをしたといったことは記載されないので、実際に使用する場面では、「法定相続証明情報」+「相続人全員で協議した遺産分割協議書」あるいは「家庭裁判所発行の相続放棄を証する書面」という形になると思われます。

なお、この申出手続きの代理人には、弁護士、司法書士、土地家屋調査士、税理士、社会保険労務士、弁理士、海事代理士、行政書士の8士業が代理人になることができます。

各士業に手続きを依頼する場合には、依頼した事務所に費用がかかります(これは事務所によって値段が違います)。



=====

« 【司法書士関連】八戸支部長就任のお知らせ | トップページ | 藤井四段(中学生)、新記録29連勝 »