行政書士制度

2014年12月 2日 (火)

行政書士法改正

今年の6月に行政書士法が改正されました。

行政書士の業務の中に、「行政書士が作成した官公署に提出書類にかかる許認可等の審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立ての手続きについて代理し、およびその手続きについて官公署に提出する書類を作成すること」というものが追加されました。

許認可が不利益処分だったときに、「えー、どうして?」と代理人として手続きができるようになったということです。

ただし、代理人になるための研修を受けることになっています。簡易裁判所代理認定司法書士と似てる感じですね。

今月下旬から施行される予定です。


===

その他のカテゴリー